現実に起こることは、単なる映像にすぎない。

叶えたい願いであればあるほど、なかなか現実化しない。

むしろ、

 

願いとは、まったく逆のことが起きてしまう。

 

焦りますよね。

やっぱり、叶えたいものは叶えたいですもん。

しかし、なぜ願いと真逆のことが起きてしまうのか。

それは、ただ単に、

 

過去のあなたの意識が映像化されているだけのこと。

だから、お試しだと思ってください。

 

願いとは真逆の出来事を目の当たりにしたときは、焦ってヤキモキするでしょう。

願いなんて本当は叶わないんじゃないかと、アタフタするでしょう。

でも、それはただ、あなたの願いに対する本気度を試されているだけなんです。

だから、落ち着いてください。

そして、これを思い出してください。

 

現実は、ただの映像だってことを。

 

そして、

 

叶えたい願いに『迷い』がないかを確認してください。

 

やっぱり叶えたいと思うならば、そこで「私は〜だ」ともう一度決めきるんです。

決めきったら、決めた気持ちのまま(願いが叶った気持ち)で過ごしてください。

 

叶った世界が自分の意識に浸透するまでは、それを繰り返すことが必要になります。

 

叶えたいなら、そういう最低限の努力は欠かせません。

しかも、努力といっても、意識上に叶った世界を作って、その世界にいる自分の気持ちをひたすら楽しむだけです。

 

 

自分の本心を知る時。

現実に起こる出来事には、基本、意味づけをする必要はありません。

でも、何かしらの意味を感じる時ってありますよね。

そういう時は、すぐに「あきらめるべき出来事」ではなく、

 

自分の願いに対する本気度を知るいい機会。

 

と、捉えてみましょう。

そして、自分の気持ちに寄り添ってみると、

 

心から本当に叶えたいかどうかがわかってきます。

 

願いに対して迷うときは、

 

1.叶えられるかどうか不安すぎて決めきれていない。

2.本気で叶えたい願いではない。(うわべの願い)

 

だいたい、このどちらか。

だから、一旦立ち止まって、人生の行き先をしっかり確認すること。

確認したら、そこでどうしたいかを決めます。

 

「やっぱり私はこの願いを叶えたい!」

「私は、本当はこうしたかったんだ」

「まだよくわからないから、答えがわかるまで叶えることから離れてみよう」

 

白でも黒でもグレーでもいい。

そこで、自分がどうしたいかを大切にしてください。