すでに願いは叶っている。

意識の中に願いが発生した時点で、あなたの願いはちゃんと叶い始めています。

でも、自分にとって叶えられそうもない願いであればあるほど、そうは思えないのが正直なところではないでしょうか。

だから、想定の法則を使うのです。

 

意識上に叶った世界を作り、そこで過ごす自分を楽しむ。

現実うんぬんは、ほっといて。

 

数年前の私は、それを想定の法則であることも知らずに実行していました。

叶えようというより、叶った世界にいる自分を演じるような感覚です。

現実では、その願いに対してとくに何もしていません。

そして、その1ヶ月後くらいに事が動き出したのです。

だから、

 

現実世界で叶えようとしなくていいし、現実世界で願いが叶うのを待たなくてもいいのです。

 

そうですね、ちょうど今ボーナスを控えている時期ですので、それに例えてみましょう。

公務員や会社員の方は、もうすぐボーナスが入金されることになっています。

入ってくるのだから、ボーナスが入金されることに対して、何もしませんよね。

 

「でも、それって入ってくるという確実なものがあるから信じられるんでしょ?」

 

そうです。

願いを叶えるのも、その感覚。

意識の中で確実性を作って、

 

願いがもう叶っていて、現実が動きだすことになっている。

 

と、当たり前の気持ちで過ごせばいいのです。

そうすれば、願いを叶えようとしたり、叶うのを待つ必要もなくなります。

 

 

現実化されるまでの間。

どうしても、願いが叶うまでの間に、「叶えよう!叶えよう!」と頑張ってしまうなら、

 

現実世界に、視覚化させた叶っている空間を作ってしまいましょう。

 

どういうことかというと、

 

願いが叶った世界で、しているであろうことを現実世界でする。

願いが叶った世界で、使っているであろう物を現実世界で使う。

 

できることからで十分です。

例えば、理想の家を建てて、もうすぐ入居することになっているとしましょう。

今の家にあるもので、「持っていくもの」「捨てるもの」をリストアップしたくなりませんか?

どんなソファを置こうか、どんなテーブルを置こうかと、インテリアショップに行きたくなりませんか?

新しい家でくつろぐ時はステキなマグカップを使おうと、新しいマグカップを買いに行きたくなりませんか?

叶ったことにすると、やることはたくさん出てきますよね。

 

これが願いを叶える行動をしていることにもつながります。

 

それと、現実を無視したくてもできない時は、自分の好きなことをしたり、部屋の掃除をしたりして、

 

叶えようとしている自分から意識をそらしましょう。

 

いつもと違うことをしてもいいでしょうね。

普段から行ってるスタバではなく、前から気になっていた山奥にあるカフェに行ってみるとか。

家のお風呂もいいけど、日帰りの温泉で1日過ごしてみるとか。

いつもと違うことをすることで、意識の方向はかなり変えられますよね。

ちなみに、私はカフェで手帳を書いたり、家で裁縫をしたり、好きな特撮を見たりします。

忙しい時は、家事や子育てに没頭します(笑)。

願いはすでに叶っています。

だから、安心して現実世界を過ごしくださいね。