ERIKOとは?

●1981年生まれ

●東北在住

●専業主婦&3児の母

●好きなこと・・・特撮、フェルト手芸、カフェ&珈琲、料理、音楽、手帳と文房具

 

 

想定の法則を知ったきっかけ

私が、想定の法則を知ったのは、2018年の秋。

自分の願いが、想像した通りに叶っていることに気づいたのがきっかけでした。

その叶えたこととは、

 

書店のカフェコーナー。

 

自分が想像したシュチュエーションと、まったく同じ情景だったので、驚きを隠せませんでした。

でも、願っていたときの私は、子育てでイライラ、ムカムカしていた・・・。

それなのに、想像した通りにちゃんと願いが叶えられている。

 

なぜ?どうして?

 

私は、それをきっかけに、願いを叶える方法について片っ端から探り始めました。

そこで、最終的にたどり着いたのが、

 

【想定の『超』法則】 

著:ネヴィル・ゴダード

 

でした。

 

 

私が叶えたカフェコーナー。

私が買い物ついでによく行っていた書店。

その書店には、元々狭いカフェコーナーがありました。

某コーヒーチェーン店が隣接していたからです。

そこでコーヒーを飲みながら、読書をしたり仕事をしたりしている人をよく見かけていました。

しかし、私は、

 

「その書店の中に、もっと広いカフェコーナーがあって、そこで 手帳を書いたりブログを書いたりしたいな 」

 

と、意識の中で、そうなっている自分を想像して楽しんでいました。

それも、毎日ではなく、その書店に行った時や書店の近くを通りかかった時だけ。

それを1ヶ月くらい続けたころでしょうか・・・。

 

なぜか、その書店のリニューアル工事が始まったのです。

 

記憶は定かではないのですが、だいたい1〜2ヶ月くらいその工事は続きました。

そして、工事が終わり、書店がリニューアルオープン。

私は、その書店に買い物しようと行ってみたところ、

 

元々あったカフェコーナーの他に、新しく広いカフェコーナーができていたんです。

 

ただ、そのときの私は、叶っていることには気づきませんでした。

ちょうどその頃、学校や幼稚園の用事等も多くあったせいか、自宅の近くにできたもうひとつのコーヒーチェーン店に行っていたからです。

それからしばらくして、時間に余裕ができたから久々にあの書店に隣接しているコーヒー店に行ってみようと、何気なく手帳とiPadを持って出かけました。

私は、コーヒーを注文し、

 

「そういや、新しいカフェコーナーあったよなぁ・・・」

 

と思い、店内ではなく、書店の方の新しいカフェコーナーの座席に座って、手帳を書き始めました。

そこで、私はハッ!としたのです。

 

あれっ!?あのとき想像していたシュチュエーションじゃん!!

 

と・・・。

平然を装いながら、心の中では驚きでいっぱい。

あのときに想像した通りのシュチュエーションが、目の前にあったから。

手が震えました。

 

・広めのスペースに、座席の数は10席ほど。
・木目調のテーブルに、シンプルなイス。
・壁紙は、白。
・そこで、私がくつろぎながら手帳やブログを書いている。

 

ずっと、これを想像していたのです。

それが、現実にちゃんと現れている。

そこで私は、勘づき始めます。

 

願いを叶える方法には、もっと核心的なものがある!と。

 

ごく一般的に知れ渡っている、願いを叶える方法をいろいろこなしてきても、なかなか願いを叶えられなかった私。

この出来事は、私にとってはものすごく大きな転機でした。