法則は、ラクするためにあるんじゃない。

想定の法則も、引き寄せの法則も、願いを叶えるための道具です。

が・・・それを、

 

「何もしないでラクに願いを叶えてくれる道具」と、勘違いしてはなりません。

 

「法則さえ使えば、目の前にお金が現れる」

「法則さえ使えば、素敵なお相手が即座に見つかる」

それは、大きな大きな勘違い。

そう思っているうちは、結局意識も変わらないし、法則だって宝の持ち腐れ状態。

 

何ひとつ行動せずに、願いが叶うわけありません。

 

だから、願いを叶えるためには、

 

最・最・最低限の行動。

 

これが必要になります。

例えば、車が欲しくなったら、

 

・スマホでググってみる。
・販売店に行ってカタログをもらってくる。
・実際に試乗してみる。
・車を買うための貯金を始める。
・WEBで見積もりを計算してみる。

 

車を買うことにまつわる行動なら、なんでもOK。

今ある生活の中で、できることから始めます。

それを、「これがあったらいいな」という上辺な想いではなく、

 

意識上で欲しい車が「もう手に入っている」、もしくは、「もう納車されることになっている」という前提でやる。

 

やがて、それは目に見える形(現実化)となってあなたの元に訪れます。

身内の人がプレゼントしてくれたり、新車同様の欲しい車の中古を誰かに譲ってもらったり。

また、自分がローンを組んで車を買ったとしても、借りた分のお金が戻ってきたり。

そうやっていろんな流れで、欲しい車は手に入るのです。

今できることすらもやらずに、ただ欲しい車を手に入れようとしているなら、それは永遠に手に入りません。

もちろん、まだ何をしていいかわからない時は、何もしなくていいor他の何かをしていてください。

意識の中に、願いが叶った状態が定着し始めれば、どういう行動をしたらいいかがわかってきて、自然に動きたくなるものです。

 

 

願いによっては、頑張ることも必要。

ここでは、壮大な願いについて。

この世の中には、自分の夢や願いを叶えてきた人はたくさんいますよね。

歌手、プロ野球選手、お笑い芸人・・・。

興味深いことに、その自分の夢を叶えてきた人たちのほとんどは、だいたいこれをしてきたのです。

 

ただ、自分がやりたいことを続けてきた。

 

こう聞くと、「それは、その人に元々才能があったからだ」などと思うかもしれません。

でも、実際は違うのです。

自分の夢や願いを叶えてきた人たちだって、

 

好きなこと、やりたいことをしていても、その過程で何かしらの努力や頑張りをして、いろんな逆境や困難を乗り越えてきているのです。

 

何の努力もなしに、今に至っているわけではないのですね。

でも、好きなことだから、やりたいことだから、ツライことがあっても乗り越えられる。

どんな逆境に陥っても、

 

「何クソッ!!」

 

と、心の中で思いながら、踏ん張ってきたのだと思います。

あの元プロ野球選手のイチローさんだって、

 

「夢を掴むことというのは、一気にはできません。
 小さなことを積み重ねることで、
 いつの日か信じられないような力を出せるようになっていきます。」

 

「努力せずに何かできるようになる人のことを「天才」というのなら、
 僕はそうじゃない。
 努力した結果、何かができるようになる人のことを「天才」というのなら、
 僕はそうだと思う。
 人が僕のことを、努力もせずに打てるんだと思うなら、それは間違いです」

 

そんな名言を残しています。