子育てでお悩みのあなたへ。

お子さんを育てていらっしゃるお母さんたちに、朗報です。

お母さん、あなたは、家事や料理をがんばらなくても、子どもの面倒をちゃんとみなくても大丈夫です。

なぜなら、

 

お母さんは、ただ生きているだけでお母さんだから。

お母さんは、そのままで愛情だから。

だから、お母さんが笑っているだけで子育ては100%成立しています。

 

だから、いい塩梅に手を抜いてください。

 

そして、お母さんも好きなことをしてください。

 

そうやって、子どもから少し距離を置くんです。

ちょっと視線を逸らす程度でいいです。

逸らした分、自分に目を向けましょう。

そうすれば、

 

お母さんは幸せになり、子どもは黙っていても成長していきます。

 

これ、綺麗事なんかではありません。

私自身が経験したウソのような本当の話なんです。

ほんと、子どもとの間に程よい距離感を置くと、大人の想像以上にいろんなことができるということがわかります。

ただ、体が小さいだけなんです。

やってあげなくても、ちゃんとできます。

子どもって、ちゃんと自分のやるべきことをわかっているんですね。

はっきり言って、なんの心配もいりません。

そりゃ赤ちゃんの頃は、まだ何もできませんので、お母さんは助けてあげましょう。

だけど、保育園や幼稚園・小学校ともなれば、ほんと、温かく見守る程度でいいと私は思っています。

 

何かあったら、その時に考えればいい。

 

子どもがそこそこ大きくなったら、子育てはそのくらいのスタンスで十分です。

何も起こっていないのに、お母さんがのっけから心配していたら、子どもは本来の生きるチカラを出せなくなります。

これ、本当なんですよ。

心配することも、愛情があるからでしょと言われれば、確かにそうです。

でも、愛情があるなら、子どもを心配するのではなく、できる限り子どもを信じる方にエネルギーを注ぎませんか?

それも、「信じよう、信じよう」ではなく、子どもを笑顔で送り出したら、

 

「さて、私は◯◯しましょ」

 

と、いい意味で子どものことは置いておいて、仕事なり家事なり趣味なり、自分のことに集中するのです。

 

 

 

子育てがツラかった日々。

私は、以前、子育てに悩んでいました。

自分の子どもを育てることに、自信がなかったんです。

自信がないから、

 

子どもに全力で尽くしてしまう。

 

そんな母親でした。

頑張って、頑張って、頑張って疲れ切っていたその時、

 

長男が、学校に行けなくなってしまったのです。

 

不登校とまでは言いませんが、朝、登校するのを渋り、休んだり休まなかったりな日々が続いたのです。

しかし、担任の先生に聞くと、学校では元気に穏やかに過ごしているとのこと。

長男本人に聞いても、いじめられている様子もなく、苦手な授業はあってもそれなりに対応できている。

じゃあ、夫が単身赴任だから?

それとも、私が怒ってしまう時があるから?

もう、とにかく死ぬほど悩みました。

で・・・。

根本的な原因は、結局これでした。

長男いわく、

 

ママが笑っていない。

 

そんなこと?と思うでしょう。

私が笑っていないのは、やはり、子どもが心配だったから・・・。

でもそれは、イコール、

 

自分に自信がなかったから。

 

その頃の私は、自分を蔑ろにし、好きなこともせず、ただただ家族のためだけに動いていました。

なんか、自分の存在すらないような感覚でした。

それが自分の幸せだと勘違いしていました。

だけど、めちゃくちゃ怒りっぽかった。

毎日イライラしていた。

家族のために生きているのに、これが幸せなはずなのに、なんか心がモヤモヤする。

 

そしたら、長男がある朝、学校が怖いと言い出したのです。

 

私の心の苦しみを、長男が顕現し始めた瞬間でした。

親が苦しいと、子どもも苦しい。

親が幸せなら、子どもも幸せ。

とくに母親の影響は大きいです。

母なる大地なんてよく言いますが、ほんとその通り(笑)。

土が良ければ、野菜や米も美味しくなり、草花も美しく咲き誇ります。

それと同じで、母親がドーンと構えていれば、子どもは不安になることもない。

不安になっても、お母さんが愛を持って毅然と対応すれば、子どもは元気を取り戻せるようになるんだと強く実感しました。

 

 

子どもは、生まれる前から生きるチカラを持っている。

だから、大丈夫です。

小さければ小さいほど、手助けは確かに必要です。

そこは、ぜひやってあげてください。

でも、子どもが自分で考え、自分で行動するようになったときは、お母さんが手を出したい気持ちをグッとこらえる。

そうやって、放っておいてあげるのも愛情の一環です。

成長するチャンスだと思い、愛を持って見守ってあげてくださいね。

 

 

なんとなく、子育てブログのようになってしまいましたが、子育てをしている一人の人間として、どうしても伝えたかったのです。

子育てという環境でも、想定の法則は働いています。

お母さんであるあなたが、「私は在る(愛)」を理解することで、空回りしていた子育てが正しい方向へと回り出すようになります。