すべての感情に、素直に向き合う。

人は、感情の生き物。

嬉しい、楽しい、悲しい、寂しい、腹立たしい・・・etc.

そんな様々な感情に、

 

あなたは普段から素直に向き合っていますか?

 

感情に、感じてはいけない感情なんて、実はひとつもありません。

なぜなら、

 

喜び、怒り、哀しさ、楽しさ、その他もろもろの感情を、すべてひとくくりにしたものが『感情』だからです。

 

でも、あなたは、

 

「ポジティブな感情は感じていいものとして認めるけど、ネガティブな感情はあまり認めたくない」

「引き寄せ的にもいい気分でいたいのに、すぐに落ち込んだり怒ったりしちゃう。こんな自分もうイヤ」

 

と、日ごろから自分の感情と向き合うことに、ヤキモキしていませんか?

だけど、どんな感情も、実はあなたにとって必要なものだから湧き出ているのです。

しかも、

 

どんな感情にも素直にありのまま感じた方が、引き寄せ的にもgoodですよ。

 

なぜかというと、感情は食べ物と同じエネルギーだからです。

溜めこむと太ります(もしくは、お腹を壊す)。

心が風船のようにパンパンになって、最悪の場合「バーン!」と爆発してしまいます。

だから、

 

感情は、持ち続けずに感じて出しきること。

 

とくに、ネガティブ感情。

それを持ち続けたまま、いい気分にはなれません。

私も過去に、メラメラと燃える怒りを持ち続けたまま、いい気分を心がけたことが何度もありましたが、逆にイライラし始めた記憶があります。

だから、ほとぼりが冷めるまで、それを感じるようにしたのです。

そしたら、

 

感情を素直に感じきった方が、むしろ引き寄せられる。

 

ということもわかりました。

感情というエネルギーを感じて出しきったことで、心に余白ができた感覚になったんですね。

 

 

感情に善悪をつけない。

人の感情は、大きく分けると、

 

【ポジティブ感情】

【ネガティブ感情

 

この2つに分けられます。

そして、このポジティブとネガティブという言葉を、願望成就の観点から見ると、こんなイメージがあるのではないでしょうか。

 

ポジティブ → 感じていると、引き寄せ的に良い。

ネガティブ → 感じていると、引き寄せ的に良くない。

 

だから、

 

ポジティブ感情は、良いもの。
→だから、できるだけ感じたい(感じなきゃいけない)。

ネガティブ感情は、良くないもの。
→だから、できるだけ感じたくない(感じてはいけない)。

 

と、思っていませんか?

それは、「ポジティブな自分が正解で、ネガティブな自分は不正解」という、自分が自分に対してする偏見です。

 

つまり、これが本当の自己否定。

 

私はこれを、「自己否定に見えない自己否定」とも言います。

なんとなく、親の言うことを素直に聞く子は「良い子」で、聞けない子は「悪い子」みたいな。

 

「ポジティブでいなきゃ」

「ネガティブじゃダメだ」

 

それが、願望達成の観点でもそうでなくても、生きていくうえでとっても大事なことなんだと思っているから、自己否定に見えないんです。

正義と言うベールに包まれているからなんですよね。

だから、

 

正しいことをしているんだから、私は大丈夫。

でも。

なんか苦しい。

つまらない。

釈然としない。

 

最終的に、自分のことがよくわからなくなる。

 

それが、願いが叶う人の体質と言えるでしょうか。

だから、

 

「この感情はポジティブ」「この感情はネガティブ」とカテゴリ分けしない。

そして、全部感じていいものだから、忠実にじっくりと感じること。

 

最初にも言いましたが、感情はエネルギーなので、感じきると消えていきます。

気づいたら、「さっきの私、なんであんなに怒ってたんだろう」なんてこと、よくあるでしょう(笑)。

 

 

感情は、自分を知るアイテム。

現実でいろんなものを見聞きしたり、意識の中で想像したりすると、いろんな感情が湧き起こりますよね。

「あれが好き」「これが嫌い」などと。

それは、自分の好き嫌いを知るチャンスなのです。

ということは、

 

感情は、自分の心にあるものを知るアイテムなのです。

 

だから、自分の感情には、普段から忠実な対応をするようにしてみてください。

一人の時に声に出してみるとか、紙に書き出してみるとか。

ただ、時間をかけて感じるだけでもいいですよ。