執着してしまうのは?

願いに執着すると叶わないと、よく言われますよね。

確かに、執着すると結構な確率で叶いにくいです。

しかし、なぜ叶わないのかというと、叶っていない人になっているから。

つまり、

 

執着する=叶えようとしている。

=意識はまだ叶っていない領域にいる。

 

ということ。

意識が叶っていない世界なら、現実も叶っていない世界。

その状態で新しい願いを叶えようとしても、叶わないのは当然のことなのです。

逆に、意識世界で願いが叶っている人は、叶えようとはしません。

なぜなら、

 

もう、叶っているから。

 

だから、叶える必要がない。

だから、執着もしないのです。

 

 

願いが叶うのを待っていたら、一生待ち続ける人に。

そして、執着してしまう、もう一つの原因としてあげるのがコレ。

 

執着する=願いを叶うのを待ってしまう。

=やっぱり現実が真実に見えて無視できない。

 

あなたにも、心当たりないがでしょうか。

何度も言いますが、現実世界は終わった世界です。

だから、そこにはなんの意味もないし、

 

新しいものも現れません。

 

だから、完全無視でいいんです。

もう現実をガン無視して、理想の世界が私の本当の世界だと思っていいんです。

それをやらずに、現実で叶うのを待っていては、一生待ち続けることになります。

先に叶えるのは、現実世界ではなく意識世界です。

何度も何度も、叶った世界を想像してください。

そこで、気持ちのいい感情をたくさん感じましょう。

叶っていない現実が、目に入ってこなくなるまで。

理想の世界は、夢物語ではありません。

本当にある世界です。

それでもあなたは、これからも待ち続けますか?