願いを叶える「行動」の本質。

以前私は、想定の法則の説明で、願いが叶っている状態を意識の中で経験する以外、

 

何もする必要はない。

 

と、言いました。

でも、あなたはここで疑問に思ったのではないでしょうか。

 

「何もする必要はない?

 願いを叶えるためには、行動しなきゃいけないんじゃないの?」

 

はい、もちろん行動ゼロでは願いは叶いません。

しかし、行動は行動でも、

 

現実をコントロールするような行動では、願いは叶いません。

 

これは、意識がまだ叶っていない状態のまま、現実世界で願いを叶えようと必死に行動して、願いが叶うのを待っている状態のことをさしています。

行動にはやはり、願いが叶っている状態の意識が伴っていなければいけない。

要は、

 

叶えよう叶えようと、暗中模索のまま必死になって頑張らないで。

 

ということ。

「何もする必要はない」は、そのことを言っているんです。

だから、まず意識世界で「私は、こうなる」と願いを決めること。

そしたら、

 

コーヒーでも飲んでください。

キッチンにある食器でも洗ってください。

子どもと公園で遊んできてください。

 

そうこうしているうちに、意識の中にあなたに想いが定まってきます。

すると、

 

あなたにとって必要な行動が、ちゃんとわかってきます。

 

もし、願いを決めた時点で今何をしたらいいかわかっているのなら、さっさと行動しちゃってください。

それは、

 

あなたの好きなことです。

 

ぜひ、夢中になってください。

 

 

願いを叶えるために、苦しまないで。

大半の人は、必死に頑張らなければ願いは叶わないと思っています。

本当はそういうことじゃないのに。

苦しみの先には、苦しみしかありません。

もちろん、願いを叶える過程で苦しむことも時にあります。

でも、それは「生みの苦しみ」です。

例えば、好きなことで行動していて、行き詰まった時などにそういう場面に出くわします。

だけど、心から好きなことだから乗り越えられる。

だから、願いは叶っていくのです。

しかし、好きでもないことで苦しんでいるのなら、それはただの苦しみです。

自分にとってなんの実にもならない苦しみを抱えていても、願いは遠ざかっていく一方です。

叶えたい願いがあるなら、

 

①まず、決める。

②そして、今あなたがやりたいことをする。
(願いに関係あることでも、関係ないことでもいい)

③あなたの思いが定まれば、必要な行動が見えてきたり、行動しなきゃいけない状況が起こったりする。

④そして、現実が変わる。

 

だから、とにかく自分を苦しめる行動をしないこと。

心地いい自分でいるための行動をするように心がけてくださいね。